走行距離の多い過走行車でも最低保証額があるから安心して売却可能!

2019.07.24  最低保障額

DMMAUTO
状態:過走行車
車名:トヨタ エスティマ
年式:平成14年
走行距離:296,000km
状態の詳細:
内装汚れ・擦れ多数
タイヤ溝無し

DMM AUTOのサービスならこのような20万キロを超える過走行車でも、短期間で売却することが可能です。
故障しているままの状態でも売却が可能なDMM AUTOを是非ご利用ください!

過走行車とは

一般的に、走行距離が10万キロ以上の車は「過走行車」と呼ばれます。

そのまま乗り続けているとタイヤの溝がすり減りスリップしやすくなったり

ハンドルの微調整がきかなくなったりと、事故の原因にも繋がり非常に危険です。


走行距離が15万キロ以上の過走行車のメーター

内装汚れ

車内を綺麗にして乗っているつもりでも、走行距離が20万kmを超えるとどうしても内装が汚れてしまいます。

例えば、タバコを吸う方が運転をしていると、車の天井に黄ばみができシミになったりします。

またエアコンの掃除を怠り、フィルターの交換をしないまま長距離を走っている車は、シートや内装が腐食する原因にもなります。

エアコン内部はカビが発生しやすい場所ですので、そのカビが車内のシートを汚し、ひどい時には腐食が見られたりもするのです。

外装だけでない内装の擦れ

長く乗られた車は、無事故で外装の見た目は綺麗でも、内装にはどうしても使用感が出てきます。

特に運転のたびに握るハンドルは、擦れが出てきてしまい、ボロボロになってしまうこともあります。

ハンドル故障長期にわたり車を使用したのでハンドルが擦れてしまっている

ヘッドライトに黄ばみが

過走行車になるとヘッドライトが黄ばんでくることがあります。

ヘッドライトが黄ばんでしまう原因は様々ですが、走行距離が多い車の場合、

紫外線の影響によりヘッドライトが黄ばんでしまっている可能性が高いのです。

この理由はヘッドライトに使われているポリカーポネートという樹脂が紫外線に弱いという特徴があるからです。

ヘッドライトが黄ばみ長距離走ってヘッドライトが黄ばんでしまっている車

すり減ったタイヤの溝

長い距離を走った車でタイヤの交換をしていないと、当然タイヤの溝が擦り減ってしまいます。

タイヤの溝が擦り減ってしまうと、雨の日は特にブレーキが効きづらくなります。

さらにハンドル操作も効きづらくなり、少しの衝撃でタイヤの破裂の危険性もあるのです。

タイヤの溝がない
タイヤの溝がすり減ってしまっている

20万キロを超える過走行車でもDMM AUTOへ売却可能

 

DMM AUTOではこのような車も最低1万円以上で買い取りを致します。

①所有者と使用者が一致しているご本人名義の車

②ローンの残債がない車

③走行できない場合レッカー車が取りに行ける場所に保管してあること

④古物商許可証をお持ちの業者様
詳しくはコチラのページ→DMM AUTO for Bizをご確認ください。

 

車検の見積もりが意外に高すぎた。

修理に出している時間がもったいない。

どうやって処分したらいいのか分からない。

DMM AUTOのサービスならどんな状態の車でも短期間で売却することが可能です。

事故で傷ついたままの状態でも最低1万円以上で買い取りを致します。

 

その他詳しい規定についてはDMM AUTOサービス利用規約をご確認ください。

 

DMM AUTOなら安心

・査定金額からの減額は一切ございません。

・査定金額のご入金は、アプリからのご売却申請より最短で4日目に可能です。

・自宅や職場など、ご指定の場所まで専門の業者が車を引き取りに伺います。

・車の引渡しは無料で行います。

・弊社の買取条件に当てはまるものは、最低でも1万円以上で買い取りを致します。

・名義変更、抹消登録も弊社が代行し、手続きが完了いたしましたらアプリにてご報告いたします。

 

お気軽にお問い合わせください!

査定や売却時に不安をお持ちの方は、DMM AUTOアプリ内のお問い合わせやメッセージ機能からお気軽にご相談ください。
専門のオペレーターが、迅速にご対応いたします。

 

インタビュー